CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ブルーベリー接木苗5号の農場
    0
      ブルーベリー接木苗5号の農場の様子です。

      だいぶんに色付いて来ました。



      N・ハンナチョイス 極早生種

      N・ハンナチョイス 極早生種



















      ※弊園は園芸店ではありませんので、 事前にお電話にてお問い合わせ頂きまして日時調整の上、お越し頂きますようにお願い致します!

      お電話無く突然に来られましても対応出来ません。ご了承願います。
      | ブルーベリー | 10:47 | - | - |
      ブルーベリーとミツバチ
      0
        ブルーベリーの花もそろそろ終わりになってこようとしてます。



        毎日毎日ミツバチくん達が頑張って働いてくれています。

        うちで飼っているのではありませんが、

        近くに養蜂家がおられますので毎日たくさんのミツバチくんが来ます。

        農場のブルーベリ置き場で耳を澄ましていますと「ブーンブーン」と言う声が聞こえます。

        ミツバチくん達には、うちの農場はパラダイスなのでしょう・・・























        早生種では小さい実が付いて来ました。

        受粉は花ガラが白いまま綺麗に落ちていますと受粉しています。

        花ガラが茶色く木に残ったままですと受粉不完全です。
        | ブルーベリー | 23:41 | - | - |
        ブルーベリー育て方講習会の様子
        0
          昨日無事に伊丹市の山中育樹園さまにて「ブルーベリー育て方講習会」が終わりました。

          ご参加頂きました皆さまたいへん有難うございました。

          また毎年、企画開催をして頂きます山中育樹園さま有難うございました。



          14時から1時間の予定でしたが、無理でした。

          1時間お話をさせて頂き、その後自由参加で実技の植え替えと剪定の講習となってしまいました。

          個別相談を含めますと2時間以上になってしまいました・・・が、誰も帰られなかったのでホッとしてます。



          今回の参加者様は本当に熱心な方ばかりで、

          数名の方はいつもお顔を拝見します熱心な愛好家さんでした。

          始まりますと先ずこれから育てて見ようと言う方と、すでに育ていられる方の割合をお伺いしますが、

          今回に関しましてはすでに育てておられる方がほとんどでした。

          朝日園のホームページを見られて遠方よりお越しただ来ました方もたいへん多くとてもうれしかったです。



          お聞きになられたい内容が個々に違うと思いますので、

          どのレベルの内容にするかはその時に判断しますがとても難しいのです。

          今回はさし木の方法のご質問がありましたので、特別に苗木生産者のマル秘の技を話してしまいました・・・(小さな声で・・)





          講習会の様子













          右下に飾ってありますのが、

          朝日園自慢の「ブルーベリー接木苗・1本の木に5品種接ぎ」の木です。

          今年で接木後6年目になります。花が咲いて来ました。

          今年も結実しますと「宝塚あいあいパーク」にて展示をされる予定です。(非売品)

          ・・写真を見ますと分かりづらいですね。この木の事は別の機会にアップします。





























          終了後の雑談会です。本当に皆さま熱心なので驚きます。





          最後には「ブルーベリー」の生果を試食して頂き無事に終了させて頂きました。

          皆さまと楽しい時間を持てました事をお礼申し上げます。

          また来年もお会いしましょう・・・





          うちの隣の家の桜が綺麗に咲いておりました。

          夜はライトアップされてとても綺麗です。

          品種は「江戸緋寒桜」と言う事です。吉野桜より少し早咲きの濃いめのピンク色です。





          ユキヤナギの白花も綺麗に開花しております。





          園芸市場ではもう「アジサイ」が出荷されてます。

          富山県から「チューリーップ」が大量に出荷されていました。

          | ブルーベリー | 22:34 | - | - |
          ブルーベリー講習会が近づいて来ました
          0
            昨日は宝塚市役所農政課さん主催の

            「花き・植木のまち宝塚推進プロジェクト」の視察研修に参加して、

            滋賀県の米原市まで出張をしておりました。



            このところ本当に毎日が忙しくてオンラインショップの新規掲載も出来ていない状況です。

            たいへん申し訳ございません。



            今週の土曜日に「ブルーベリーの育て方無料講習会」をします。

            人前でお話をさせて頂くのは何度しても緊張します・・・



            先週の金曜日に「山中育樹園」さまの新聞広告が載ってました。









            昼過ぎから小雨が降っています。

            明日も天気は良くなさそうですが、園芸市場へ行こうと思っています。

            お疲れ様でした。
            | ブルーベリー | 18:25 | - | - |
            ブルーベリーの花芽が膨らんで来ました
            0
              ここ数日は20度近くまで気温が上がり暑いくらいでした。

              ブルーベリーの花芽も急に膨らみ始めました。

              もうすぐ春ですね。



              極早生種アーリーブルーの花芽です。





              サザンハイブッシュ系のミスティーです。

              冬の間も葉は落ちませんでした。

              | ブルーベリー | 22:35 | - | - |
              「ブルーベリーの育て方」講習会日時
              0
                「2013・ブルーベリーの育て方」講習会日時



                兵庫県伊丹市の大型園芸店「山中育樹園」さまにて、

                今年もブルーベリーの講習会をさせて頂く事が決まりました。



                2013年3月30日(土)14時から

                山中育樹園さまレジ奥の講習会場にて



                毎年させて頂いておりますが、

                受講のご希望者様がたいへん多いので、

                ご希望されます方は早めにご予約下さいね。(ご予約の定員制です)

                ご予約は、

                072−782−8031 山中育樹園さままで直接にお願い致します。





                ブルーベリー講習会の様子です。

                (山中育樹園さまホームページより)

                http://www.ikujyuen.com/



                一昨年の様子です。





                昨年の様子です。









                講習会が終了後には私が個別のご相談にも対応をさせて頂きます。

                また、ブルーベリー苗木をご購入頂きました方で鉢への植え込みをご希望の場合は、

                小堀が植え込みのサービスをさせて頂きます。

                解説付きで植え込みをします。(順番ですのでしばらくお待ち頂く事があります)





                講習会は1時間程度の予定ですが、いつももっと長くなってしまいます。

                販売だけされる方の話ではなく、生産者の話ですのでいつもリアルな事ばかり言ってしまいます。

                受講される方も毎年たいへん熱心な方ばかりです。

                私もブルーベリー育て方の話を始めますと止まらなくなってしまいます。

                楽しいですよ!



                ぜひお越し下さいませ。お待ち致しております。



                現在、ブルーベリーの接木苗生産の真っ最中です。超お疲れです。

                お疲れ様でした。
                | ブルーベリー | 22:05 | - | - |
                ブルーベリー接木苗多品種接ぎの真似をしないで下さい!
                0
                  ブルーベリーの接木苗ですが、

                  近年、他の生産者さんに真似をされる事が多くなって来ました。

                  私が考えてから十数年以上になると思いますが、

                  最近ではヤフーオークションにも他者さんからの出品も見かけられます。

                  生産者さんか一般の方かは分かりませんが・・・



                  最初は農業改良普及センターの当時担当の普及技術員さんから、

                  これはすごいと褒めて頂き「実用新案」を取った方が良いと助言されましたが、

                  取らずに試験的に生産はしておりました。

                  台木の品種も十数品種にて試験を繰り返しました。

                  販売開始からの初めは台木の品種は何々と言う品種ですと公表をしておりました。

                  見事に真似をされてしまいました・・・

                  弱肉強食の世の中ですので当たり前と言えば当たり前なのですが。残念です。



                  過去の事は仕方ないですが、朝日園では現在1本の木に2品種以上を接ぎます、

                  「多品種接ぎ」の生産をしております。

                  これはお願いですから絶対に真似をして販売しないで下さい!

                  それと接木苗で2本以上を一つの鉢へ植える混植もしておりますが、

                  こちらもお願いですから真似しないで下さい!心からのお願いです。



                  ブルーベリーやイチジクの接木苗の生産技術や詳細もこのブログには書かせて頂きたいと考えておりましたが、

                  相談をしましたある指導者よりストップがかかりました。

                  生産の技術を写真で公表する事は控えた方が良いと言う事です。



                  イチジクの接木台木品種は現在、多くの県単位の農業試験場が試行錯誤されておりますので、

                  私も兵庫県の指導に従いたいと思いますので公表は控えさせて頂きます事をご理解願います。

                  ネットではありとあらゆる情報が氾濫しております。合っているのか間違っているのか・・

                  真実は自分で接木して栽培してみて試行錯誤するしか無いと思いますが。

                  何もせずに正解だけ得ようと言う事は無理だと思います。



                  一般の方へはたいへん申し訳ない事だと思いますが、

                  ブルーベリーの件も有り、

                  情報公開する事により自分の首をも絞めてしまう事になるのです。

                  本当に残念至極な事でもあります。



                  ブルーベリー2品種接ぎの鉢増しです。

                  「スパルタン」と「エリザベス」の2品種です。





                  CSP5号からCSM7号へ替えました。





                  やはりスリット鉢の根張りはとても良いです。





                  鉢増し後に剪定しました。





                  今日ブルーベリーの接木をしていて少し寂しくなり感情的なブログになってしまいました。

                  寒い一日でしたがお疲れ様でした。
                  | ブルーベリー | 00:00 | - | - |
                  ブルーベリーの出荷
                  0
                    2月も今日で終わりです。

                    今月もたくさんにオンラインショップへのご注文を賜りお礼申し上げます。

                    2月は生産の多忙期でオンラインショップへの掲載もなかなか出来ず申し訳ございませんでした。



                    イチジクの接木がほぼ終わりました。

                    この話はまたの機会に・・・





                    ブルーベリー ラビットアイ系品種の注文出荷です。

                    こちらは5号サイズです。3年生です。





                    6号サイズです。3年生です。









                    兵庫県植木生産協議会の圃場共進会にてブルーベリー苗木で特賞を頂きました。

                    これからも皆様に認めて頂けるような苗木生産に励みます。





                    近所の方が庭に植えられていた「サンシャインブルー」の自根苗を持って来られました。

                    コガネムシ幼虫にほとんど根を食害されています。

                    用土に堆肥分が多すぎます。これではコガネムシが喜ぶだけです。

                    ほとんど細根がありませんが樹形を見て2本を一つの8号鉢へ植えました。









                    深くに植え過ぎのようです。根元の軸が埋まって変色しています。





                    太い根を切り整えます。





                    枝の剪定をしました。もう少し強くても構いませんが、樹形を見て剪定をしました。





                    弊園オリジナルブルーベリー用土にて植え込みました。

                    2年くらいで復活する予定です。今年の夏は日陰で管理します。









                    本当に毎日が忙しくてクタクタです。

                    3/6〜3/7に園芸市場の展示会がありましてその準備もたいへんです。

                    今回は市場のブース出展ですので弊園の者は付きません。



                    ※3/30(土)14時〜 伊丹市の山中育樹園さまにて、

                    今年も「ブルーベリーの育て方と実をつけるコツ」と言う題にて

                    講習会をさせて頂く事が決まりました。

                    いつもたいへん申し込みが多いのでご希望の方はお早めにお申込み下さい。

                    http://www.ikujyuen.com/school/index.html



                    毎回お題を与えて下さるのですが、毎年変化がありますので、毎年聞かれても大丈夫です。

                    よくこれだけ次から次へとお題を考えられるものです・・・感心します。

                    私も勉強になります。



                    お疲れ様でした。
                    | ブルーベリー | 23:28 | - | - |
                    日本ブルーベリー協会講習会へ参加しました
                    0
                      2/23 日本ブルーベリー協会の講習会へ参加して来ました。

                      場所は京都市左京区の「ブルーベリーファームTANAKA」さんの農場にて小尾先生によります講習会です。関西では初めての講習会開催でした。



                      「ブルーベリーの特長と剪定を行う理由」についてです。

                      剪定する事により、充実した美味しい実の収穫が主な内容です。

                      実際に山梨県で果実生産栽培をしておられます小尾先生のお話ですので、現実味がありたいへんリアルです。

                      机上だけでお話をされます先生とは全然違いすごく興味が湧いてたいへん面白いです。



                      20数名の参加者様の皆様は果実の生産者様でとても熱心に勉強されておりました。

                      苗木の生産者としては私のみでしたので、皆様とは少し違うところを見てしまっていたかとも思います。

                      (品種の樹勢や特徴などです)

                      今日のブログは少し長くなると思います・・・ 先生の教えを私なりに記載してみます。※です



                      ※冬剪定の基本は花数を調整して来年の事を考える。

                      日当たりを良くし、葉を増やす事により花、実を充実させる。

                      実の栄養分の供給源は葉だからです。



                      「ブルーベリーファームTANAKA」さんの農場です。

                      綺麗に管理をされています。粘土質で少し水捌けが悪い農場のように思いました。

                      その為ではないのでしょうが、散水設備はありません。夏の手灌水も無しとの事、皆さんたいへん驚いておられました。

                      水を与えなくてもブルーベリーは本当に強いとの事です。

                      実際弊園も接ぎ落ちしましたRE系の鉢植えを農場の片隅で枯らそうとして1年間一度も人工的に水を与えませんでしたがほとんど枯れませんでした。(雨水だけです。数本コガネムシにやられて枯れた程度です)





                      黒い防草シートは夏場の土中温度が相当高くなると思いますが・・・

                      私的にはシルバーのシートが良いと思います。

                      マルチバーグで敷き詰めますと今度はコガネムシがタマゴを産み付ける絶好の場所になりますので難しい所ではあります。









                      小尾先生の剪定実技講習が始まりました。





                      ※剪定は1軸に対してHB系は3枝、RE系は4枝の「頂上枝」を残しての剪定です。

                      先生は頂上付近の枝に付く実が一番甘さがあるとの事です。

                      小枝をすべて切り取り、太い枝を残すのが基本だそうですが家庭栽培の剪定とは少し違います。





                      ※摘花についてですが、開花して10日間までのうちに半分以上摘花でをする事。そうする事により実は肥大するとの事です。

                      その日以降の果実になってからでは肥大はしないようです。摘花は花のうちに。

                      一房から花の数を調整する事で実を大きくするのは簡単です。

                      例に挙げられたのは、リンゴですが、りンゴも一房に10の花が咲きますが、

                      ほっておけばゴルフボール大の大きさにしかならないけど、

                      9の花を摘む事により市販されている実の大きさになるとの事です。





                      果実生産者向けの剪定ですが、家庭栽培の剪定も共通するものもあります。

                      一言で表現すれば「思いっきり」でしょうか。

                      25ミリの鳥よけネットもきちんと収納されていました。これからは8ミリ目のネットが良いとおすすめされていました。

                      相当重いと思いますが、コガネムシ、カミキリムシ、スズメバチが入れないようです。

                      ノーザンハイブッシュ系の自根苗で植え込まれて7年との事です。

                      品種は「ブルーレイ」と思われます。

                      果実生産者さんはあまり品種には拘りはないのかと思いましたが、

                      現実はもうすでに植え込まれているので新しい品種には興味がないと言うか、いまさら変えられないのでしょう。









                      この幹の立ち上がりを見て、接木苗でも同じような樹形に出来ると思いました。

                      サッカーを使用しないで、果実生産用にも全く問題無いとの確信を得ました。

                      先生は自根苗でも地際のサッカーやシュートは剪定をされています。

                      特に接木苗だからの管理負担デメリットになるとは感じません。

                      接木苗は最初の3年の強剪定が大事です。実を成らすのはその後で・・





                      次はラビットアイ系の剪定です。

                      ※樹勢が強いので伸ばして樹勢を弱めると言われていました。

                      細い枝はすべて切り取り太い枝から来年も太い充実した枝を出させるとの事です。

                      (この辺りは少し家庭園芸とは違うようです。管理スペースがこれほどあると良いのですが)

                      RE系は12〜13年での更新の剪定が大事との事です。

                      木は「デライト」です。直立性、大実で甘味もすごく良い品種です。





                      皆さんは植木屋さんではないので剪定の基本があまり分かっておられないように感じました。生意気な言い方ですが・・

                      植木屋さんの方が剪定は上手です。ですが驚くほどの強剪定です。

                      感じたのは樹形を綺麗にする剪定と言うより、

                      結実重視、摘み取り易さ重視の剪定のようです。果実生産者さんにはその方がもちろん基本なのですが。









                      「クライマックス」です。開帳性の特性が良く出ています。

                      個人庭ではおすすめの品種と思っておりましたが確信しました。









                      「デライト」です。RE系では一番人気があります。





                      残念ながらコガネムシ幼虫にやられているようです。何本かありました。

                      植木屋の私なら回復させることが出来ますが、そこまで言えませんでした・・

                      処分して新苗を植え付けるとの事です。

                      何本かグラグラしている木もありました。樹齢による所の細根がなくなっている事もあるのでしょう。

                      皆様共通にコガネムシ幼虫の根の食害には困っておられます。

                      「ヒメゴガネ」の幼虫は根を食害していないと言われていて驚きました。知りませんでした。

                      見えない用土の中ですので、弊園も困っています。劇物農薬は撒いておりませんので、見つけた時にはほぼやられています。しかし枯れていない限りほとんどの場合復活は出来ますよ。

                      以前にこのブログにも書いております。





                      農場の奥様が早生種で一番美味しいと言われていました「デューク」です。





                      今回の参加者は関西・中部地方の方ですが、本当に皆様熱心でした。

                      用土、水、肥料、病害虫の薬剤、鳥獣害、出荷方法や経営方法まで多岐に渡りお話がありました。

                      個人的には花芽の形成される時期と根の伸びる時期の因果関係がとても勉強になりました。

                      ブルーベリーはまだまだ奥が深い植物です・・・

                      本当にとても充実した一日となり、すごく勉強させて頂きました。

                      一日では足りませんね。17時まで延々と続きました・・



                      講習の最後に小尾先生のお計らいで「朝日園」のブルーベリー接木苗の紹介をして頂きました。

                      たいへん有難うございました。ご相談を頂けますと幸いです。



                      最後に先生のおすすめ品種で名前の出ました品種です。

                      NH系:デニースブルー、ブリジッタ、ブルーゴールド、スパルタン、チャンドラー、シエラ、コビル、ボーナス、ブルーレイ



                      SH系:シャープブルー

                      (私は論外にしていましたが、若い世代にはたいへん人気があるようです。中粒でパリパリして甘みが強いのだそうです。

                      2つの大学の学生に食味試験をした所どちらもシャープブルーが断トツで人気があったらしいです。意外でした。

                      若い子たちは柔らかいより、パリッとした弾けるような食感が良いのでしょうか)

                      温暖地の果実生産にはこれからはサザンハイブッシュ系が良いとも言われておりました。



                      RE系:デライト、クライマックス、メンデイト、フェスティバル、ノビリス/T100、オースチン

                      上記が名前が出ましで私が書き留めた品種です。



                      本当に最後に・小尾先生曰く、「教科書や栽培本通りに管理していたら間違いなく100%枯れます」と言われていました。

                      私も同感で、何度も失敗を繰り返して、個々の環境、天候、栽培管理条件に合わせる自分の栽培方法が見つかるのだと前々から思っておりましたのでまったく同じで再認識致しました。



                      また来年も参加させて頂きたいと思います。

                      冬の賀茂川堤防を本当に久し振りに通って帰ります。





                      帰りのSAで我が家で人気の「京都名物おたべ」を買って帰りました。

                      お疲れ様でした。



                      追記:後日忘れている所や肝心で抜けている所を少しずつ書き足して行きますね。
                      | ブルーベリー | 11:08 | - | - |
                      ブルーベリー冬季の枝抜き剪定
                      0
                        今日はみんな休みで農場でひとりでした。明日もです。



                        少し冷たい雨も降りましたが今日から12月です。

                        今年もあとひと月となりました。年々日が経つのが早くてもう1年が過ぎてしまいます。



                        弊園はブルーベリーの冬季剪定は接木の穂木採取のためほとんどしませんが、

                        よくご質問を頂きますので、冬季の枝抜き剪定をしてみました。

                        接木苗の7号3年生です。



                        左が剪定前、右が剪定後です。





                        剪定前の写真です。





                        剪定後の写真です。





                        花芽も5カ所ほどは残してあります。













                        冬季の枝抜き剪定は混みあっている枝を間引いて、

                        各枝の日当たりを良くする事と摘花も同時に出来てしまいます。

                        ブルーベリーは剪定しておきますと側枝が出てその先に花芽を付けます。



                        若木の場合は実をたくさん収穫する前に木への負担が少ないようにしましょうね。

                        小学生にランドセルを5つ背負えと言っても無理でしょう・・・

                        木の状態を考えてやるのが管理の一番大事な事です。





                        明日は日曜日ですが私は農場にいます。

                        今日もホプシーについてのお問い合わせを私の携帯に頂きました。

                        私の携帯番号は一般の方はあまり知られていないのですが・・

                        メールのやり取りより直接にお話をさせて頂いた方が説明はしやすく納得していただけますね。

                        その時間がないのがたいへん申し訳ない事なのですが。

                        小堀も毎日数件のお問い合わせが携帯へあるようです。

                        出来ましたら「メール」にてお問い合わせをいただけますと有難いです。

                        返信にお時間を頂く場合がございますが必ずお答はさせて頂きますのでよろしくお願い致します。



                        今日もお疲れ様でした。
                        | ブルーベリー | 22:30 | - | - |
                        << | 2/3PAGES | >>